忍者ブログ
inaのベランダガーデニング
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
inaのプロフィール
東京都在住。
現在、マンションの3階でベランダガーデンを画策中。南南東で日当たりはいいものの、通りに面していて風がかなり強いのが悩みの種。
のんびり不器用に、癒しの庭を作成中。
…最近多肉植物にはまってます。
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
[45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [34]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

某コンビニでもらったミニひまわりの種を育てています。パッケージ(というか厚紙)に印刷されていた育て方は、この手の配り物の例に漏れずかなり適当。種の種類もわからないし、そもそも、土に還る素材でできたパッケージはボロボロになってゴミになってしまいましたよ…(「種まきはパッケージを土に差し込むだけ!」と指示されてそのとおりにしたのだ)。

しょうがないのでネット等で検索してみたんですが、ミニひまわりの育て方ってあまりないみたい。というか、ひまわりの育て方と同じ? まあ、ひまわりなんて、小学校2年生で栽培するくらいだから結構丈夫で育てやすい品種なんでしょう。なので、ひまわりの栽培法で育てるべし!

<育て方>
●キク科の一年草 北アメリカ原産
●性質…日当たりが良く、肥沃な土を好む。高温時に旺盛に生育するが、冷涼で乾燥した場所でも育つ。丈夫で育てやすい植物。
●日当たり…◎
●水やり…乾燥には比較的強いため、表土が乾いてから水をたっぷりやる。しかし、乾燥しすぎると苗が弱って下葉が枯れてくるので、プランタや鉢の場合は注意。ハダニ対策として、水やり時に葉裏にも水をかけるとよい。
●風通し…?
●肥料…植え付け時に元肥をした後は、7月~9月の花期に液肥か置き肥を与える。肥沃な土なら無肥料でも育つ。
●手入れの仕方…水やり以外、とくに注意することはないらしい(笑)。大きく育てる場合は肥料を多めに。小さめにこんもりと育てたい場合は、本葉が5~6枚で摘心し、脇芽を育てる。
●病気・害虫…アブラムシ、ハダニ、べと病、うどん粉病

●用土…日当たり以外は土の種類を選ばない(水はけがよい土がよいとか、水持ちのいい土がよいとか、いろいろ)。
●種まき・…発芽適温は20~25℃。早蒔きは避ける。ひまわりは直根性で移植を嫌うので、なるべく直まきで、2粒ずつ蒔いて片方を間引く。株間は20~25センチくらい(大きくなる品種は40~50センチくらいあける)。
●開花期…7~9月

●増やし方…種


参考サイト
http://www.yasashi.info/hi_00001g.htm
http://www.pref.shizuoka.jp/seibun/sb-06/kenminundou/suishouka/pdf/himawari.pdf
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]