忍者ブログ
inaのベランダガーデニング
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
inaのプロフィール
東京都在住。
現在、マンションの3階でベランダガーデンを画策中。南南東で日当たりはいいものの、通りに面していて風がかなり強いのが悩みの種。
のんびり不器用に、癒しの庭を作成中。
…最近多肉植物にはまってます。
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女雛についていた害虫はコナカイガラムシでした。一つ一つ葉をかき分けながら爪楊枝で駆除するのを1週間ぐらい続け、ミニ鉢にぎゅうぎゅうだった株もばらして植え替えました。単品のイリアにも付いているのを発見して、やはり爪楊枝で駆除。ここで一段落、と思っていたのですが……。

昨日、ちょっと怪しげな鉢を発見して、多肉棚の鉢を一つ一つ見ていったところ、5鉢ぐらいに白い影を発見!!! 群月、ファンファーレ、挿し芽にしていたリトルビューティー、寄せ植えの花うらら、シルバースター。女雛やイリアほど付いているわけではなく、かき分けてようやく3~6、7匹ぐらいの数ではありますが、今回は固い葉が多くて葉元まではチェックできないのが不安です。というか、うちの多肉類ほとんどを置いてある多肉棚、大丈夫なんだろうか……!?

ネットで調べてみたら、コナカイガラムシというのは多肉によくつく天敵らしいです。薬も劇的に効くわけでもないらしいし、ほんと憎たらしいったら! 
とりあえず、そこそこ効くらしい「ベニカD」を買ってきて、まだ発見されてない鉢には「オルトラン」を撒いておくことにします。初期で収まるといいのですが。

-----
春の成長期でニョキニョキ伸びたらしい月兎耳が棚の上の段につっかえてたので、思い切って下の方で切りました。これから芽差しにします。また、葉が落ちた茎部分もだいぶ切ることになっちゃうので、こっちも試しに差してみようと、ただいま乾燥中。

鉢カバーにしようと買ってきた百均の灰皿が、挿し芽を乾かすのにちょうどいいのです。
PR
仕事が一区切りついたことのごほうびに、多肉の苗セットを購入しました。ようやく手が出せるようになってきたエケベリア中心のセットです。1カ月以上も前から通販サイトを見てて、欲しくてうずうずしていたのでした。苗は全部で10種、そのうちロゼッタ状の葉を持つエケベリア系が7種も♪ 同じく通販サイトで見ていた鉢がちょっとかわいかったので、寄せ植え用に鉢や土も購入してみました。

昨日届いた通販の箱。こんな感じ。新聞紙でぐるぐる巻きにされているのが多肉苗です。


中身。苗、土、肥料、器、ピンセット、水苔。土や肥料なんかは手元にもあったのですが、ついかっとなって……(笑)。


多肉苗。奥左から、パールフォンニュルンブルグ、月影、子猫の爪、銀揃、ピーチプリデ、手前左から、女雛、デビー、イリア、シルバースター、花うらら。ちなみに、並べてある段ボールの箱は某あまぞんさんの箱。ミニ園芸にとても重宝します。


-----
できあがり。ペア鉢の大きい方。デビー、月影、銀揃え、ピーチプリデ。


ペア鉢の小さい方。シルバースター、女雛、イリア。


逆ピラミッド鉢。パールフォンニュルンブルグ、花うらら、子猫の爪。最後に残ったのものを寄せてしまいました(汗)。


三つ並べるとこんな感じ。小さい鉢の方がしまって見えます。


植え付けてみると、さらにかわいいです!(手前味噌)
わーい、うれしいー!!

多肉君は基本的に頭でっかちなので、位置を決めて土を入れるのにすぐにひっくり返っちゃって、だいぶ手こずりました。なんせ二度目の寄せ植え、前回はどちらかといえば挿し芽だったもんなあ……。
ちょっとゆがんでしまいましたが、育つうちにまっすぐになってくれますように!

だいぶすかすかに見える大きい方の2鉢は、この後さらに挿し芽で埋めていく予定です。表面に水苔を敷いて、うちにあるセダム君たちを移植しようと思っています。挿し芽の準備が間に合わなかったので先に植え込んじゃいましたが、どの芽を挿すか、見当をつけやすくなったかも。あとは、いつその作業ができるか……ですね。
仕事の隙間を見つけて、なるべく早めにやりたいなあ。
この夏のみどりのカーテン:朝顔は大失敗でした。
ひょろひょろの弱々しい蔓はまだ20センチにもならないうちから蕾をつけ、早々に張ったネットに絡みつくこともできずにそれでも健気に精一杯花を咲かし、精根尽きた感じでそろそろ枯れつつあります。種を蒔く時期が遅すぎたとか、種の吸水が足りなかったとか、古い土を使いまわしすぎたとか、いくつか原因は考えられますが、それにしてもこんなにかわいそうだった朝顔栽培は初めてです。

ほかにも、買ったまま植え替えしなかった黒ポットバジルとか、静かに枯れていくロタンダフォーリアとか(同時に買ったケントビューティーは元気なのに)、植え替えに失敗して青息吐息の黒葉クローバーとか、この夏は植物も私もやる気ナシで不幸な時期だった気がします。ごめんなさいね。

涼しくなったこの時期、夏の手当や冬の準備など、いろいろお世話をしなくてはいけないのですが、この時期はいつも仕事の繁忙期にあたり、なかなかうまく行きません。でも、ちょっとずつでもいいから、きれいに大事にしてあげなきゃね。
先週はレッドジェムの植え替えをしたので、今週は枯れた苗や鉢の後始末と、すだれの引き上げぐらいまではしよう。
そうだ、多肉君たちは成長期の子も多いので、日に当ててあげなくちゃ!

そんなわけで、画像庫から探してきたちょっと前の多肉棚の写真でも……(8/19撮影)。
いちばん上は主に挿し芽で育ってきた小さい子たち。あと、垂れる系のセダム君たち。


二段目は背の高い月兎耳族と比較的大きい子たち。姿の悪くなってしまった虹の玉とか、エケベリアとか。三段目は群生系のセダムとか、黒法師とか、枯れ植木鉢とか、いろいろ。


この後、さらに5~6鉢増えました。あまり姿が変わらないうちに写真撮っておかなくちゃ。
多肉くんのリトルビューティーに花が咲いてます!
ぐぐっと伸びた花枝の先に白い星のような花が凛と開いています。
うちの多肉くんが開花するのは初めてなので、うれしくて仕方がありません。そうかこんな風に咲くのかー…。

5/14 枝がだいぶ伸びてます。花枝は3本。↓は全体像。


こんな風に、枝の先っぽに花がついています。


花のアップ。開いている花の周りにも、蕾が4~5輪固まってついています。


かわいいなあ。
ちなみに、うちの多肉くんたちの中でいちばん丈夫、かつ生育がいいのがこの子です。
4月末に植え替えたとき、ぽろぽろ落ちてきた葉を芽差し用に取っておきました。また、挿し芽(黒兎耳)をする際に取り除いた葉も同様にして、挿し芽にチャレンジです。
多肉用の土(というか細かい砂利)の上にころんと乗せておいたら、1週間くらいでさっそく根が出てきて、毎日伸びていってます。さすが多肉くん、聞きしにまさる生命力です。

5/9 こんなかんじで放りっぱなし。水もやりません。


拡大してみました。細っこい根っこが見えるかな?


やはり砂利の上では見にくいので、黒い画用紙の上に乗せてみた。隣に置いてあるのは比較用の単三乾電池。


気がつけば、挿し芽を取った後の本体からも芽が出ていました! 想定外なサプライズ!!


拡大してみたところ。葉の付け根から丸いちっこい芽(一対ずつ)が出ています。


3ヶ月くらいでちゃんとした株に育つらしいです。
が、このまま放っておいていいのか、普通の土の上に置いた方がいいのか、根の部分を埋めた方がいいのか、霧吹きでもう水をやっていいのか、本を読んでもあまりよくわからなーい! 初心者は悩ましい……。
忍者ブログ [PR]