忍者ブログ
inaのベランダガーデニング
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
inaのプロフィール
東京都在住。
現在、マンションの3階でベランダガーデンを画策中。南南東で日当たりはいいものの、通りに面していて風がかなり強いのが悩みの種。
のんびり不器用に、癒しの庭を作成中。
…最近多肉植物にはまってます。
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ベランダ園芸の悩みの種・風対策に、ベランダの東西に風よけのラティスを設置しました。塀のアールに沿うよう、180×30センチのラティスを2枚組み合わせています。力仕事関係はなりゆきで同居人の担当なのですが、この手の工作系は嫌いじゃないらしく、休みの日に手動ドリルを引っ張り出しててきぱきと組み立ててくれました。ありがたや、ありがたや。

12/10 西側。このコーナーを集中的に植物スペースにする予定です。春になったら…。


12/10 東側。
室外機と給湯器がじゃまして使い勝手がよくないスペース。室外機を囲むように台を取り付け、その上にガーデニング用品を入れたコンテナボックスを設置してます(でもこの色と存在感がなあ……)。ボックスが落ちないようにここにもラティスを設置。


もひとつ作業。温室の保温性を高めるために、発泡スチロールの板を温室の下段に敷きました。

12/10 上から見るとこんな感じ。


12/10 鉢とスチロールが直に接するので、水対策に板をビニールで覆っています。


白いスチロールが反射板の役目も果たしてくれそうなのは想定外の好ポイント。温室に入れてからのWSの実の色づきを心配してましたが(日に当てないとうまく赤くなってくれないので)、けっこううまくいくかも。簡易温室がちょっとグレードアップしました♪

ただ、ビニール温室ってのは想像していた以上に蒸れるのみたいで、毎日開閉しないとかえって植物が痛んじゃうことになりそうです。元来怠け者の性格なうえ生活も不規則なので、こちらも早々に対策を講じなくては。
PR
ようやく設計図ができて、これから改造計画開始です。

というか、じつはもうすでに始まってたりして(笑)。
日差し対策の「すだれ」は、ベランダ東側半分に設置済み。日差しと熱をかなり遮ってくれてだいぶ快適です。もう半分は朝顔で「みどりのカーテン」ができる予定です。葉の影と蒸散作用で、普通の日よけよりも涼しくなるんだって。まだ1/3くらいの高さしかないですが、これからどんどん伸びてくるので、10日くらいではいい感じになるんじゃないかと。

室外機のほうは、1台には去年ルーバータイプのカバーを設置済みで、現在は小物鉢置き場として便利に使っています。これ、エアコンつけても大丈夫かしら??
もう1台のほうにはスペースの関係でカバーが置けないので、正面にルーバータイプのラティスを置いて風除けにしました。さらに、ルミナスラックで簡単な櫓を組んで、物置用の台も作りました(正確には同居人が作ってくれました)。あとは室外用の適当な物入れを準備すれば、西側の物置を解体できます。

 
7/29 ルミナスラック設置終了。光が当たって見にくいですが、上にのせているのは100均で購入して1年放ってあった小さいラティス。間に合わせだけど、下のステンレス色を隠してくれて、さらに上に物も置ける優れもの。木製のお盆でも買ってきてこの上におけば、プランツたちの撮影スペースにいいんじゃないかと☆


さて、じつはここまでで改造計画はいったん中断。時間と予算の関係です(笑)。
でも、ここまで計画を立てられれば、あとは少しずつ買い足して設置していけばいいだけなので気持ちは楽かな。1年後にはきっと涼しげなベランダガーデンができあがっていることでしょう。

ま、これからも少しずつ更新して行くので、どうぞおつきあいください。


<おまけ>

もうひとつ、あるとかなり便利な小物入れ。やっぱり100均で買ってきたカゴと蓋付き小物入れですが、ちょっとしたゴミや枯葉を入れるのにとても重宝しています。右側のポットには予備のビニール袋を入れておいて、ゴミが溜まったらすぐに新しい袋と取り替えるのです。ちょこちょこ使う、ピンセット代わりの竹串(お箸みたいに使う)とはさみも、いちいち部屋まで取りに戻らなくて快適。狭いベランダなんだし、すぐに取りに戻れるやん…と思ってましたが、細々世話をするには道具もそばに置いてた方が断然効率がいいんですよ。
さてここからが改造計画開始、「植物と自分両方にとって快適な環境作り」です。

◎夏の日差し対策…すだれと緑のカーテンで日を遮る
●照り返し対策…ウッドパネル設置
●風対策…ベランダ両脇に丈のあるラティス設置。それでもまだ強ければ、ラティスに寒冷紗を止めつける。
○室外機の排気対策…前面がルーバー仕様の室外機カバーで排気を上方に逃がす。
●鉢置き場・空間利用…手すりに沿って同じ高さのラティスを配置し、コンクリ塀隠しと鉢の壁掛けの両方を兼ねる。また、ガラスサッシの前に花台を置き、鉢置き場にする。
●物置…東側の室外機の上に小さめの道具置き場を設置する。



ガーデニングとしてはかなり初歩的ながら、青写真はなんとかきれいにできました。あとはこれを実行に移すのみ!
次は、「現在のベランダの状況と問題点の洗い出し」です。

●東南向きなので日当たりは良好、しかし夏場の日差しは厳しい。
●通りに面した3階のため風が強い。
●ベランダの手すり(約90センチ)はコンクリート性で、床近くは日が当たらない。
●ベランダ中央と東側に室外機が2台置かれている。
●床に大きな避難ばしご用のパネルがある。



 
ベランダ西側。最奥は物置で、その前に風よけのラティスを設置。ラティスは移動可能だが、狭い空間で重い鉢をあちこち移動するのは大変。

 
ベランダ東側。室外機がベランダを向いて設置されているため、東側半分には植物を置けない。

室外機のせいでベランダは半分しか活用されておらず、夏の日差しも厳しい。ガーデニング用品をしまっている物置が使いづらい…等々。
また、無計画に鉢を置いているため、何かある度に移動するのが面倒という問題もあります。
まず最初は「どんな植物を育てたいか」を決めます。
●花いっぱいよりは緑ふさふさが好き
●植物が育つのが楽しい
●面倒くさがりなのであまり手間がかからないのがいい
●家の中にはスペースがないのでなるべく外で育てたい
●長い間楽しみたい
   ↓
宿根草や樹木、観葉植物を中心に、育ちが早い一年草や野菜、果物、ハーブなどを加えたラインナップ。耐寒性・耐暑性があり、育てやすい丈夫な植物がよい。

……現在家にある観葉植物たち(ベンジャミン、パキラ、ゴム、アイビー等々)がまさにこのタイプで、育てやすさ重視のセレクトに我ながらあきれるばかり。これに朝顔とバジルってのが春夏ご新規の定番なので、決めるまでもないテーマだったようです(笑)。
忍者ブログ [PR]